忍者ブログ
Admin*Write*Comment
ニンゲン図鑑
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【光あるうちに光の中を歩め】
http://www.amazon.co.jp/光あるうち光の中を歩め-新潮文庫-トルストイ/dp/410206012X/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1328240330&sr=1-1

トルストイ晩年の有名な著書
この人自分の中に両極端の価値観をもっていて、辛くなかったのかな?


【不思議なくらい心がスーッとする断捨離 (王様文庫)】
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4837965997/ref=pd_lpo_k2_dp_sr_3?pf_rd_p=466449256&pf_rd_s=lpo-top-stripe&pf_rd_t=201&pf_rd_i=4838720521&pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_r=0WVDTDTD6WJB2D1PK4WR

物を以下に捨てるかより、「捨てたらこんないい事があるよ!」的なことに重点が置かれていて、とってもよかった。

【「つい悩んでしまう」がなくなるコツ [単行本]】
http://www.amazon.co.jp/「つい悩んでしまう」がなくなるコツ-石原-加受子/dp/4883998290/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1328239979&sr=1-1

「自己中と自分中心の違い」はかなり難しいな。
でも、この本は良くて「他社中心」の人の心理をついていると思った。
PR
◯「Winter's bone」 2010年/アメリカ映画

湖から父親を引き上げるところが、すごく今までにない感じ
たぶん1/9にみた

○「茄子 アンダルシアの夏」2003年/日本/高坂希太郎
観賞二回目。レースの最後がアツすぎる。


○「サヨナラCOLOR」2005年/日本/竹中直人
いろんな歌手や俳優や女優が出てきて、
豪華だった。
お話的にはすごい好きだったが
途中ヒロインが主人公の死亡フラグを立てまくってて
展開が読めちゃった


「上海」/2010/アメリカ/ミカエル・ハフストローム
男ってロマンチストだよね。

「サンザシの樹の下で」/2010/中国/チャン・イーモウ
色々バラバラな映画。
「木洩れ日の家で」
ロケ地がほぼ一軒家の中だけの映画
静かで、ほとんどBGMがなかったように思う
たまに犬のほえる声にびっくり
一人の老婆の思い出の館


「海洋天堂」
いい映画だった
自分の病気の痛みもあるのに
子の障害とまっすぐに向き合って
残り少ない時間を
息子がこれからの生活に
困らないようにするために費やす
子どもと正面から向き合ってる親がどれほどいるだろうか


  • ABOUT
日々のマイルストーン
  • フリーエリア
  • カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
  • カウンター
  • プロフィール
HN:
テラコー
性別:
男性
自己紹介:
爽やかな音楽と写真とデジタル家電が好きです。
  • 最新CM
[03/03 たきーた]
[03/02 テラコー]
[02/29 たきーた]
[02/28 テラコー]
[02/26 たきた]
  • 最新TB
  • バーコード
  • ブログ内検索
Copyright © ニンゲン図鑑 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]